京都 五行 焦がし醤油麺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、こんばんは!今回は京都市にある「京都 五行」の焦がし醤油麺を紹介します。醤油を焦がすことでより一層香ばしさが増すそうです。ちょっと気になりましたので、兵庫県から高速を飛ばして約1時間30分ほどで到着しました。

車で行く場合は専用駐車場がありませんので、近辺のコインパーキングへ駐車します。公共交通機関で行く場合は、阪急烏丸駅より徒歩約7分ほどです。京都市内の中心街で駐車料金は結構高めですので、公共交通機関で行くのがお薦めです。

到着したのは平日の17時頃でしたので、すんなり席に着くことができました。普通のラーメン屋ではなくラーメンダイニングらしく、ちょっとお洒落な居酒屋のような雰囲気です。サービス料としてお通し代400円かかります。居酒屋のようなではなく、居酒屋ですね。


京都 五行

京都府京都市中京区柳馬場通蛸薬師下ル十文字町452

営業時間 平日  11:30~15:00 17:00~23:00

土日祝 11:30~16:00 17:00~23:00

定休日  年末年始

スポンサーリンク

焦がし醤油麺を注文しました!

店内には居酒屋のような雰囲気で酒を楽しむカップルも居れば、ラーメン目当ての客も居ました。メニューは焦がし醤油麺(890円)、焦がし味噌麺(890円)、焦がし以外の五行とんこつ麺(890円)、塩麺(890円)、九条ネギ塩麺(890円)もありました。ここは「焦がし醤油麺」を注文しました。なんと調理に30分ほどかかるとのこと。

「注文されてから一品ずつ、300度以上に熱したラードで醤油を焦がすことで香りが格段に増し、まろやかでコクのあるスープが完成します。」と記載がありました。待つこと30分。

麺、スープの味はどうか?

見た目は真っ黒なスープです。気になるスープを一口飲んでみました。醤油を焦がした苦みと香ばしい独特の味です。麺は細めのストレートで焦がし醤油スープが絡んで香ばしく美味しく頂けました。

具はチャーシュー、かまぼこ、焼きのり、半熟卵がトッピングされています。ネギはありませんが、代わりにキャベツを茹でたものが入っています。トッピングはこれといって特徴は感じられません。ですが、焦がし醤油に浸して頂くとこれまた美味しく感じられました。

その名の通り醤油を焦がした苦みで香ばしいラーメンで、今まで食べたことがない味でした。香ばしい独特なスープだったので、ほぼ飲み干してしまいました(´・ω・`)

店を出ようとすると、店前にかなりの人が並んでいました。焦がし醤油麺が目当てでしょうか?最近はかなり人気があるみたいで、行くなら開店直後がお薦めです。

スポンサーリンク
ブログランキング


ラーメンランキング

当ブログはブログランキングに参加しています!

良い記事だと思ったら押してください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする