スポンサーリンク

一蘭ラーメン 博多細麺(ストレート)

どうも、こんにちはー!今回は自宅で食べる一蘭ラーメン 博多細麺(ストレート)を紹介します。以前はこの商品は通販限定販売でしたが、ついに店舗でも販売されることになりました。

パッケージもリニューアルされ、5食入り2000円です。店舗では(一蘭 釜だれとんこつ)のみの販売でしたが、2種類に増えました。パッケージが変わったので中身に違いがあるかもしれないということで、店舗に立ち寄った際にお土産で購入してきました。

スポンサーリンク

一蘭ラーメン 博多細麺(ストレート)の内容は?

中身はストレート麺(わた麺)が5袋、専用スープが5袋、赤い秘伝の粉が5袋の構成となっており、若干のデザインと数量が変わったのみで大きな違いはありません。では調理していきましょう。

水の量は450mlを鍋に入れ沸騰させます。麺1袋を入れて好みのかたさまで茹でます。かため(2分)・基本(2分30秒)・やわめ(お好み)。最近はかためにはまっているのでかための2分ほどで茹でました。

鍋にスープ1袋を入れてひと煮立ちさせてから火を止めます。麺とスープを器に移し、お好みで「赤い秘伝の粉」を加えます。具は何も入っていないのでネギとのりを用意しトッピングすることにしました。

パッケージが新しくなって味は変わったのか?

ネギとのりをトッピングした出来上がったものです(´・ω・`)

芯に小麦感が残ったかための麺は美味しいですね。スープも店舗のものに近い感じで非常に美味しいですよ。一蘭は病みつきになりますね(´・ω・`)

↓動画を見る

結論から言うと、パッケージが新しくなりましたが味は変わっていないようです。店舗で購入出来るようになったので、自宅で気軽に一蘭とんこつラーメンを味わうことが出来るようになりました(´・ω・`)

気になるカロリーは?食塩相当量は?

気になるカロリーは、1食あたり462kcalとなっており、ラーメンとしてはまあこんなものでしょう。「食塩相当量」はめん・やくみが1.6g、スープが6.1gと非常に多く含まれています。食塩相当量の1日の目標量は男性8g未満、女性が7g未満となっていますのでスープも飲み干してしまうとほぼ一日分近くの食塩を摂取してしまいます(´・ω・`)