スポンサーリンク

一蘭ラーメン ちぢれ麺(持ち帰り)

どうも、こんにちは!今回も一蘭の「一蘭ラーメン ちぢれ麺」をご紹介します!

一蘭ラーメン ちぢれ麺は一蘭店舗でお土産として購入することが出来ます。今まではこの袋麺は福岡店舗で販売されている限定商品だったようで、amazonで5食入で通販での購入でしか入手が不可能でした。以前は5食が袋に封入されていましたが、化粧箱に封入と新しくリニューアルされています。

一蘭ラーメン 袋麺の記事をみる

一蘭店舗でいつでも購入が可能です。

↓動画を見る

スポンサーリンク

以前の袋麺と今回のちぢれ麺の違いは?

個別のパッケージは以前のものと変わらないようです。

中身は以前は粉末スープでしたが、液体スープに変更されていました。麺は以前と同じ普通のインスタントラーメンのフライ麺のようですが。赤い秘伝の粉は前回に紹介した釜だれとんこつやストレート麺に入っていたものと同じものです。

では調理していきましょう。水の量は500mlを鍋に入れ沸騰させます。麺1袋を入れて好みのかたさまで茹でます。かため(2分30秒)・基本(3分)・やわめ(3分30秒)。麺がほぐれたら火を止め、液体スープを加えてよくかき混ぜます。そして器に移します。調理方法は以前のものと変わりはありません。

お好みで「赤い秘伝の粉」を加えます。具は何も入っていないので好みでネギや海苔を用意しトッピングします。

以前の袋麺と味は変わったか?

麺はインスタントラーメンのちぢれ麺で店舗のものとはほど遠いです。これは以前の袋麺と同じですね。スープは以前の粉末スープに比べるとかなり美味しくなっていました。一蘭ストレート麺と同じ液体スープですね。

まあインスタントラーメンとしては普通に美味しいですが、1食あたりの価格が高いですね。一蘭店舗で購入できる「一蘭ラーメン 博多細麺(ストレート) 」も同じ数量5食入で2000円なので、どちらを購入するかは好みになるでしょう。

では今回も気になるカロリーも見てみましょう。1食あたり583kcal(旧袋麺597kcal)となっています。「食塩相当量」はめん・やくみが2.3g(旧袋麺1.0g)、スープが5.3g(旧袋麺4.0g)と合わせると恐ろしいほどの量です。食塩相当量の1日の目標量は男性8g未満、女性が7g未満となっていますのでスープも飲み干してしまうとほぼ一日分以上の食塩を摂取してしまいますね(´・ω・`) 実際の店舗で食べるラーメンも、これくらいの食塩が含まれているんでしょうね。