スポンサーリンク

日清食品 どん兵衛 鴨だしそば

どうも、こんばんは!今回は日清食品「どん兵衛 鴨だしそば」をご紹介します。どん兵衛シリーズにはうどん、そば、カレーなどいろいろ種類がありますが、今回はどん兵衛 鴨だしそばにスポットを当ててみます。

関東と関西のスープの違いは、関東では濃口醤油とかつおを、関西では薄口醤油と昆布を使っており、一般的には関東のだしのが濃味、関西が薄味となっています。日清食品のどん兵衛 鴨だしそばのだしは、関東のスープに近いようです。さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

麺・具・だし・味は?

麺は油揚げめん、スープは液体つゆで、味付けはかつおのうまみと濃口醤油の持つ深いコクを基本とした関東風のつゆを採用しているとのことです。ちなみにほかのどん兵衛シリーズのスープは粉末に対して、どん兵衛 鴨だしそばのみ液体です。かやくはネギ、味付合鴨肉、揚げ玉となっており、七味唐辛子の添付も無くシンプルな印象です。

かやく・熱湯を入れて5分待ちましょう。5分経ちましたので、最後に液体つゆを入れて出来上がりです。

見た目は非常にシンプルですが、非常に良い匂いが漂ってきました。麺は普通の油揚げめんで特別な感じはありませんが、スープはかつおと濃口醤油のコクが感じられ非常に美味しいです!関東のだしの特徴として、色もやや黒目です。カップ麺でこのクオリティーはすごいでしょう。このだしと食べると油揚げめんでもお店の味のような高級感すら感じられます

私は関西出身なので、昆布と薄口醤油で慣れているので衝撃的に感じられただけかもしれませんが。スープの味はやや濃口の印象です。他のどん兵衛シリーズも液体つゆを採用すれば他社のうどん・そばのカップ麺に一歩リード出来るような気がしますね。

具はネギ、味付合鴨肉、揚げ玉ですが、ネギは濃口醤油のスープが染みて美味しく頂けました。味付合鴨肉はまあ普通に美味しいですが、少量ですのでおまけといったところでしょうか。揚げ玉はあまり存在感はありませんでした。

この商品はスープが本格的で、おにぎりなどと一緒に食べてもよさそうですね。リピートはありだと思います。

気になるカロリーは?

さて気になるカロリーですが、日清食品のどん兵衛 鴨だしそばのエネルギーは418kcalとなっており、カップ麺ではまあこんなものでしょう。「食塩相当量」ですがめん・かやくが1.8gに対してスープが4.8gとなっており、食塩相当量は多めな印象です。これは、関東の濃口醤油が影響しているからでしょうか?食塩相当量の1日の目標量は男性8g未満、女性が7g未満となっておりますが、スープは飲まないようにした方が良いでしょう。