スポンサーリンク

日清食品 どん兵衛 きつねうどん(東仕様)東西食べ比べ!

どうも、こんにちは!今回は日清食品「どん兵衛 きつねうどん(東仕様)」をご紹介します。私は関西に在住しているので、いつも食べるているのはどん兵衛 きつねうどん(西仕様)のものとなります。前回にも紹介済みですが、食べ比べながら紹介していきす!

商品説明

東日本はピリッと辛い “彩り七味”

どん兵衛ならではのもっちりとしたつるみのあるうどんに、カツオと昆布を用いた風味のよいだしに、うまみのあるしょうゆを加えた味わい深いつゆ。別添には、しょうゆの風味を引き立てる、赤唐辛子を利かせたピリッと辛い “彩り七味”。

スポンサーリンク

麺・具・だし・味は?

(写真:左が西仕様・右が東仕様)

麺は油揚げめん、スープは粉末スープ、かやく(味付油揚げ、かまぼこ)、七味唐辛子の添付があります。東西ともに同じものが入っています。粉末スープのパッケージの色および味付油揚げが東は表面にやや光沢が見られます。粉末スープを入れて熱湯で5分待ちましょう。

(写真:左が西仕様・右が東仕様)

まずはスープですが、東はかつお風味が主体でと醤油味が強く色も濃いめです。西はいつも食べているものですが、昆布風味が主体で醤油味は薄めです。東西それぞれ違うスープを吸っている味付油揚げですが、素材自体にほとんど違いは見られませんが、東は醤油味風味の油揚げ、西は昆布風味のやや甘い油揚げでした。

(写真:左が西仕様・右が東仕様)

七味にも東西で違いがあるみたいです。東はピリッと辛い彩り七味、西は香りが華やかな彩り七味だそうですが、正直違いはあまりわかりませんでした(´・ω・`)

関西在住の私ですが、東仕様のきつねうどんの方が美味しく感じられました。これは好みの問題もあるでしょうが。。今回は期間限定で販売されていたものですが、好みで選択出来れば良いのにと思いますね(´・ω・`)

amazonなどの通販では送料が別途必要になりますが、東仕様・西仕様のものを選んで購入可能です。気になる方は一度食べ比べてみてください。

気になるカロリーは?

さて気になるカロリーですが、日清食品のどん兵衛 きつねうどん(東仕様)のエネルギーは410kcal(西仕様406kcal)となっており、西仕様とほぼ同じくらいです。「食塩相当量」ですがめん・かやくが2.0g(西仕様2.0g)に対してスープが3.8g(西仕様3.6g)となっており、東西での違いはほぼありませんでした。食塩相当量の1日の目標量は男性8g未満、女性が7g未満となっております(´・ω・`)