スポンサーリンク

日清食品 ラ王 背脂コク醤油

どうも、こんばんは!今回は日清食品「ラ王 背脂コク醤油」を紹介したいと思います。ラ王の種類の中では最もスタンダードなものですね。ラ王は1992年9月から発売されていますが、当初は生タイプの麺でした。レトルトパウチされており、一度熱湯で湯切りして再度スープの素を入れてからお湯を注いでいました。ラ王は他のカップ麺の中でも生タイプであるためちょっと贅沢な位置づけでした。

このラ王一度は世間から姿を消しています。その理由は売上げが落ちたためと言われており、2010年8月2日に一度生産終了したようです。

スポンサーリンク

ラ王 ノンフライ麺を採用し復活!

そして、生タイプの麺が生産終了してから1か月も経たないうちに新たにノンフライ麺を採用して復活しました。つまり今発売されているラ王ですね。生タイプからノンフライ麺に変更された為、少々麺の味は落ちたような気もしますが、ラ王はカップ麵の中でもカップ麺らしからぬ高級志向のラーメンだと個人的に思います。下手なラーメン店で食べるより、ラ王のが美味しいと思うこともあります。

すでに閉店しましたが、東京の渋谷に日清ラオウ袋麺屋がありました。(ヤフーニュースなどで取り上げられていました)値段もお手頃なうえ、麺の茹で方、具も豊富でインスタントの袋麺とは思えないような味だったようです。今度は関西で出店してほしいものです。

具・麺・スープ

ラ王 背脂コク醤油の具材は厚切チャーシュー、青ネギ、白ネギ、焼きのり。麺はノンフライ麺。スープは鶏ガラベースの背油が入った醤油味。一番上の写真を見ていただくとわかりますが、結構しっかりとしたラーメンです。食べた感想ですが、スープはややこってりの醤油味です。背油がよいコクを出してくれています。麺は熱湯で5分ですがこちらはやや硬めの印象を受けます。チャーシューは柔らかめで美味、ネギの食感良し、焼きのりも良いアクセントとなっています。

希望小売価格は220円(税別)です。コンビニエンスストア、スーパーなどだいたいどこでも売っています。

気になるカロリーは?

さて、気になるカロリーです。ラ王 背脂コク醤油のエネルギーは437kcalとなっており、一食としてはまあまあといったところですね。注目すべき点は「食塩相当量」です。めん・かやくが2gに対してスープが4.1gとかなりの量です。食塩相当量の1日の目標量は男性8g未満、女性が7g未満となっていますのでスープだけでも半分以上摂取してしまいますね。スープは出来る限り飲み干さないように努力しましょう。